目標を実現できるかはイメージの強さで決まる

目標を達成する上でかなりの比重を占める
重要なファクターとは?
上手く行かない人は上手く行かない事に成功している。

結構付き合いの長い依頼者さんで少し困った癖を持つ方が居た 。
この方はとある思考の癖によりやる事成す事が全部空回りしてしまって居たんだけどこれは何もこの方のみじゃなく、結構誰しもが大なり小なりやってしまって居たりもするので全然他人事じゃないかも知れない。

もしかしたらあなたも無意識にやっているかもしれない。


まあ仮にやっていたとしてもそれは意識をすれば改善出来るし修正もコツさえ掴めば簡単に出来る。
なので、
もし当てはまったとしてもちゃんとコツも今回の記事に書くので慌てず安心して欲しい。

今回はそんな困った癖について。
その方の困った癖、一言で言うなら簡単(笑)
『マイナス思考』
人と言うのはプラス思考とマイナス思考だと実はマイナス思考の方が圧倒的に多い。

基本的に物事をプラスの方向よりもマイナスの方向を無意識にイメージしてしまいがちな生き物です。

これは結構恐ろしい癖ですがこの癖を当たり前に受け入れている人がかなりの割合で居る。
どれくらいかと言うと、
多分世の中の9割は大なり小なりこの癖を持っているし人にも向ける。

例えば知り合いが事業を起こすと聞いた時、新しく何かにチャレンジしようとした時、必ず『そんな上手い事行く訳がない』とか『現実を見ろ』とか言う人が居る。やっても居ない内からチャレンジを諦めさせようとするけど上手く行かないと言う言葉に実は説得力なんてものは無い。

だって本気でやればどんな事だってある程度形にはなるし飛躍する方法なんて実は千差万別にある訳で『君はこうだから上手く行かない』なんて言葉は裏を返せば『君に成功して欲しくない』と言っているようなものだ。

人は未知の事にチャレンジしてこそ成長するし周りから見て失敗だと思っても当の本人が失敗から学んで成長していればそれは『成功と成長の大きな一歩』だったりする。

つまり失敗か成功かも結局は本人の受け取り方次第で成長の一歩に変えられる過程にしか過ぎない。それ以前に相手を思いやっての言葉でも、チャレンジする以前にそれすらさせないのは『相手の可能性を全て否定する』行為なんじゃないかと私は思う。

だって上手く行くか行かないかなんてことはそれこそチャレンジしてみないと見えて来ない事だし本当に好きで没頭したら自然と成長したりする。上手く行く法則なんて本当に人の数だけあるしその法則を見つけるにはチャレンジしなければその法則を嗅ぎ分けられる嗅覚も鍛えられない。

インターネットや携帯電話の普及により、様々な場所やサイトから情報を得られたり相談出来るようになりとても便利にはなっていますが、様々な人が不特定多数の人に向けて発言できる事はある意味ではとても無責任で危険な事だったりします。


霊能でも言えますが弟子入りするに当たって家族全員に反対を受ける方も居ますが反対意見の大半が『あなたみたいな凡人がそんな特別な力を身につけられる訳がない』と言うもの。
これこそ間違った認識です。

霊能を知りもしない内から特別なものと決めつけて居ますが実際は正しい修行で正しく訓練すれば誰もが身につける事が出来るものであり、そもそもそんな特別意識をどこから思い込んだのか問いたいとも思う。こういった思考の癖。自らの可能性や他者の可能性をチャレンジしても居ない内から否定する癖と言うのは実は凄く危険なマイナスイメージを植え付ける事になる。


これって結局自分が何か新しい事に挑戦する時も自分にも同じマイナスイメージを植え付ける事になってしまうので『あ、ヤバイこれ当てはまってる』って人は即刻その思考パターンを止めるべきだ。じゃあ何故その癖をしてしまうかと言うとこれは認めたくないかも知れませんがそういったマイナスな事って言うのは実は居心地が良いから、、、

人と同じだと安心するって人が大半ですから誰かが頭一つ抜け出そうとした時に無意識に、ましてやそれが身内であれば全力で足を引っ張ろうとしてしまう。
これは恐らくメディアも含めて汚染されているマイナスイメージだと私は思います。

テレビを見ても新聞を見てもインターネットを開いても必ず良いニュースよりマイナスをイメージさせるニュースが多い。人と言うのは自分の感じた空間をどうしても全てだと認識してしまうのでマイナスな情報で溢れかえって居たら、それが当たり前になりますしそのマイナスに染まってしまえば真似してマイナスの言葉を出してしまう。

この繰り返しでは良い方向に行く訳が無いですし結果そこから抜け出すのは一握りの人だけになってしまう訳で、世の中の割合で1割の抜け出した人と9割の抜け出せない人と言う割合が結果として出てしまっているんです。

イメージや思考の癖と言うのは実はとても厄介で例えば危険をイメージしたり、マイナスな事をイメージすれば、更に助長されてそれらマイナスな事や危険な事を引き寄せてしまい結果的にマイナスな出来事を実現してしまいます。

厳密に言えばこれは失敗では無くマイナスを起こす事に成功している。

私の所に相談に来られる方でも多く見受けられるのが、「自分と関わったりすると人が不幸になったり良くない事が起きるので助けて下さい」とか「自分に憑いている霊が悪さをして人に嫌われたり、人が離れたりするのです。」など言う方がいますが、大半は霊的要因の影響は、大体3割ぐらいで後の7割は自身のマイナスイメージで引き起こしていたりします。

こういう方は人のアドバイスをあまり聞いてくれない方も多く、一人でマイナスの方向に突っ走ってしまうので思考の癖の軌道修正から入らなければならず、とても時間がかかってしまう。

こういった癖が染みついてしまうと全部が全部、無意識に霊的要因や周りの環境の所為にして、自分には責任が無いと思ってしまっている事に気付かない方も大変多い。

目に見えない者の影響を考える前に、自分を見つめ直す作業をすれば、自ずと結果は変わって来たり、マイナスのイメージを膨らます事なく解決出来たりする事というのは実はすごく多いんです。確かに霊的要因が悪影響を及ぼす事はありますが、プラスの考えや上昇志向というのはそういう目に見えない者には居心地の悪い空気ですしマイナスイメージを持つ人にとっても同じく居心地が悪い空気なのです(笑)

つまり今回のコツと言うのは簡単。
この無意識に自ら行ってしまっているマイナスイメージの癖を止める。
これだけです☆

最初は無理やりにでもプラスのイメージをしたり口に出すようにするだけでもかなり改善されますし何より誰にも迷惑かけませんのでおすすめですね。

今日より明日明日より明後日あなたがプラスに行きますように。

 

source of reference:tenmyoryukei.com
first article:2014年11月21日

 


>力のない自称霊能者に踊らされない

力のない自称霊能者に踊らされない

本物の卓越した霊能技術を持つ天妙龍啓は、自称霊能者や、新興宗教の何某かがなんの力も持っていないのに、中途半端な見よう見真似にもなっていない除霊を施したことで余計に酷い目にあっている人が駆け込んで来られるのを、一つづつ丁寧に対処しご依頼者を救って参りました。一人でも多くの人が悪霊のもたらす不運から脱出できた上で、正しい対処法を学びご自身の手で、振り祓えるようになる術を指南させていただいております。本物の卓越した霊能技術を持つ霊能力者/天妙龍啓の目指すところは、廃仏毀釈によって廃れ、壊されてしまった古き良き様々な風習の復活!そして、自称霊能者に頼らない、耳障りのいい戯言に惑わされない環境作りをサポートすることを理念の一つに掲げています。

CTR IMG